ドメインと言っても「.com」「.jp」「.net」「.info」などなどたくさん見かけますよね。それぞれにどのようなサイトに使われているのかご存じですか?きちんと、ドメインの特徴を抑えて運用しましょう!

種類がたくさんあるドメイン!あなたはどれを選ぶ?

ドメインのランキングサイトでの利用許可

インターネットではさまざまなサービスがありますが、ウェブサイト絡みは特に多くなっており、日々増えています。それらのサービスは利用者に利便性があるだけではなく、ドメインの価値にも大きな影響を与えるようになってきています。ドメインの価値についてはこれまでのキーワードとバックリンクの数からコンテンツ重視となり、バックリンクについても質が求められるように変わってきています。そのため、新しいサービスでリンクの価値が上がると分かると採用するウェブサイトが一気に増えていきます。その中でもランキングサイトは特に注目を集めているサービスの一つです。ランキングサイトはさまざまなカテゴリでのランキングを作っていますが、動的に変化させるなどリアルタイム性を重視したり、半期など一定期間でのランキングなど趣向を凝らしています。これらのコンテンツはとても質が高いと検索サイトから判断されやすく、そこで紹介されると価値が大変上がることが知られています。ただし、重要なことはウェブサイトのコンテンツのカテゴリと合っていることです。関係のないコンテンツでランキングに載っても意味がないばかりか、リンクが不正として扱われてしまうケースが出てきています。そのため、多くのウェブサイトがランキングに載せていいかの許可を取るようにお願いすることが多くなってきました。ランキングサイトの主催者側も許可を取ることが多くなっています。検索サイトのアルゴリズムが変わったことでリンクについてもしっかりとした関連性が求められています。理由としてはツールの利用があるようです。バックリンクはサテライトサイトからならツールで自動生成できます。サテライトサイト自体のコンテンツを無視してもリンクがあればサイトの価値が上がったこともあって盛んに利用されていました。しかし、検索サイト側で評価基準を変えてしまったことでこれらのツールで作ったリンクはペナルティの対象となってきてます。ランキングサイトは製作者の意見が大きく反映されるのでツールで作ったことにはならないのですが、リンクの質という意味ではカテゴリやキーワードがあっていないと意味がないのです。リンクについてはSNSでのリンクも同様の扱いをされることが多くなっています。SNS側でいいね数が多かったり、リツイートや投稿数が多いリンクであっても検索サイト側で評価しないケースもあり、あくまでも関連していることが重視されると考えられています。