ドメインと言っても「.com」「.jp」「.net」「.info」などなどたくさん見かけますよね。それぞれにどのようなサイトに使われているのかご存じですか?きちんと、ドメインの特徴を抑えて運用しましょう!

種類がたくさんあるドメイン!あなたはどれを選ぶ?

ドメインをうまく使えば高ページランクを増加

上がっていくページランクのイメージ検索サイトでは各ページにランクを付けています。新アルゴリズムを利用する際にページランクを無くしたという説明もありますが、実際には見えなくなっただけでページランク自体は残されていると考える方多いです。理由としてはサイトの評価を見ていくと中古ドメインを活用しているサイトの表示順位が高い状態が続いている、また、新規サイトでもすぐに過去のサイト情報を活かして上位表示が可能になるなど、高ページランクであったウェブサイトの活用ができているからです。旧サイトについて利用できる情報はコンテンツ、バックリンク、ページランクなど多数ありますが、特に高ページランク登録されていたサイトについてはかなりの確率でいきなり高評価を受けると考えられています。そのため、中古ドメインの価格が上がってきており、サイトでの利用も増加傾向が続いています。中古ドメインの利用についてはウェブサイトだけではなく、メールアドレスでの利用も進んできています。メールについては各サーバでフィルタリングを用意されている場合が多いのですが、ドメインによってはフィルタリング対象となるケースが多いのです。しかし、実績のあるドメインの場合はフィルタリングにも引っかからずに送ることができると好評です。特にブラックリストに載っていない、長期運用済みのメールアドレスについてはどのフィルタリングサービスでも認識されない場合が多くなります。もちろん、使われてきたアドレスについてはスパムなどの標的にされやすい場合が多いですが、それこそフィルタリングでさばけますので問題ありません。新規のアドレスはブラックリストに載っていなくても評価が低い状態から送らなくてはならず、場合によってはフィルタリングされてしまうことがあります。また、フィルタリングされてしまうと評価がさらに下がるのでますます届きにくくなります。ウェブサイトでは高評価を得るため、メールアドレスではフィルタリングされないために中古物件は注目されています。ただし、中古でも新規登録でもブラックリストに載っていないことを確かめてから購入したいものです。ブラックリストについては専用のサービスが提供されている場合が多く、無料でチェックすることができます。チェックについては載っていないことを確認するだけでなく、解除することもできるのですが、一度載ってしまった場合は解除しても古い情報が活かされる事が多いので使わないことが大事になってきます。