ドメインと言っても「.com」「.jp」「.net」「.info」などなどたくさん見かけますよね。それぞれにどのようなサイトに使われているのかご存じですか?きちんと、ドメインの特徴を抑えて運用しましょう!

種類がたくさんあるドメイン!あなたはどれを選ぶ?

ドメインレベルでの注意点について

ウェブサイトを立ち上げる際に重要なパーツの一つがドメインです。多くの場合、アルファベット綴に注意して購入することが多いのですが、ドメインの選択についてはいくつかの注意点があります。必ず守ったほうがいいレベルから参考程度までいくつかポイントをまとめます。もっとも重要なチェックポイントはブラックリストに入っていないことです。ブラックリストにはスパムメールで利用された場合に掲載されることが多いです。ブラックリストは団体が管理しており、誰でも閲覧、検索可能です。多くのメールサーバがブラックリストをチェックして最悪送受信を拒否する場合もあります。また、各種フィルタリングサービスでは独自の判断基準にブラックリストを使っている場合も多いです。また、ドメインは放棄されてしばらくすると新規扱いで取得できますから、新規であったとしてもチェックをしておきたいです。特に商品やサービスなど企業や団体で利用するなら重要なポイントです。次に確認したいのがドメイン検索です。検索サイトでドメインで検索するのですが、すでに他のウェブサイトで利用されていればインデックスが出てきます。インデックスは評価として利用されますので引き継げばいきなり検索上位表示もあり得る利点があるのですが、都合の悪いキーワードで登録されていたり、アダルト系で登録されている場合は不都合が生じるウェブサイトも多いのです。各種検索は無料ですし、取得前にチェックできますので新規取得でもチェックしておきたいところです。また、すでにあるインデックスのほかにSNSなどでも同様のチェックをしておくとよいです。特にSNSは検索サイトでのインデックスとは違ってほぼ永久に残りますので都合の悪い記事などからのリンクが多い場合は利用を再検討する必要が出てくる場合があります。また、アルファベット綴については種類を変えてWebで検索してみるとよいです。種類が違うだけでさまざまなウェブサイトで利用されている場合もあり、中にはライバル企業のウェブサイトであったり、アダルト系のサイトだったりと間違って視聴されては困るウェブサイトで似たアルファベット綴で使われている場合もありえます。取得は先制主義なので早く取りたいのは理解できますが、取得してWebサイトに設定してしまえばなかなか変更しづらいパーツの一つですから最初にしっかりチェックしてから取得、設定をしたいものです。