ドメインと言っても「.com」「.jp」「.net」「.info」などなどたくさん見かけますよね。それぞれにどのようなサイトに使われているのかご存じですか?きちんと、ドメインの特徴を抑えて運用しましょう!

種類がたくさんあるドメイン!あなたはどれを選ぶ?

自分の考えたドメインを安く取得できるって本当?

ドメインを安く取得できた女性独自ドメインの取得は安いです。年間で数十円から数千円程度で取得できます。新規のものであればこんなものです。中古は相場というのはなく、かなり値段にばらつきがあります。単に過去のサイトの評価や被リンクを引き継ぐというのは現在は少なくなっています。グーグルもさすがに過去のものを引き継がせてもあまり意味がないことはわかっているので、最近は無効化していく流れでアルゴリズムの改変が行われています。ちなみにひと昔前は過去のサイトの評価を受け継いでいました。これは、グーグルがそれを望んだというよりは単に整備しきれていなかっただけです。それが最近は人工知能が進化してはじくのがうまくなったということです。
では現在の中古ドメインの価値はなんなのかというと、やはり単純にその名前が良いからということです。サイトの開設者からすると、業者がいい感じの名前のものを買い占めているから邪魔だと思うかもしれませんが、業者が買っていなかったらどっちにしろ誰かには取られています。お金を払えばキープしていたものがもらえるくらいに思っておくと良いでしょう。
しかし、ドメイン名はもちろんメインではありません。最近はグーグルも関連ワードを探すのがうまくなっているので、それなりのものをつけておけば、見つけてくれます。あとはコンテンツ勝負です。被リンクなども自然なもの以上に増やすとブラックハット扱いになるので注意です。
それをやっている時間があるのであれば、ひたすらコンテンツの質を上げ、内部seoで内部のリンクを見やすくしておくのが良いです。グーグルはクローラーを走らせることでサイトを評価していきますが、このときにせっかくサイトに流入してきたのにクローラーがスムーズに巡回できないと損です。コンテンツを良くし、どのページも2クリックくらいで行けるように整備しておくとクローラーが適正な評価をしてくれます。
ここで重要なのは適正な評価という点です。グーグルはブラックハットも含めて過大評価させようとするサイトを嫌います。このようなことをするサイトはそもそも圏外に飛ばしたいのです。そのため、内部seoはサイトを適正に見てもらうためのものという意識が必要です。これは外部seoに関しても同じでしょう。コンテンツをきちんと評価してもらうということです。
決してキーワードをいっぱい入れて間違えたアピールをしてはいけません。圏外に飛ばされて戻って来れなくなります。